居宅で内輪だけの法事をされる場合戒名でなく亡くなられた方の名称のほうが胸の中にしっくりくるとしたらそれでも結構なのでは…。

それでもなお弔辞を述べる本人にしてみれば落ち着かなくなるものですから式の流れに盛り込まれるんであれば、早いうちに相談するようにして、納得をして貰うようにしましょう。
率直な本義がない『家族葬』という呼び方ですが、主として遺族・親族・友人たちを軸とした少数での葬式の呼び名として利用されています。
後飾り壇は葬儀が終わって祭壇をしまった後に遺影・ご遺骨・位牌などを満中陰の法事まで自宅に安置しているための祭壇のことをさします。
幼稚園の時に両親を亡失したので法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)には弱いので、そして教えを乞う知り合いもいないから、十七回忌といっても何をしたらいいのか不明です。
損のない葬儀を行うためにもなんとなくでも問題ないのでこういう感じのお葬式にしたいなぁ、といった感覚を、持つことが大切だと思います。

亡くなった人を弔い葬儀の席が亡くなった人を傍に置いて財産争いをする醜い場になりそこで故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を弔っているのは誰なのだろうか、という感覚が今も未だ残っている。
嫁の実家は真言宗で位牌を手元に置くのですが、個人の居住地一角には黄檗宗の僧院が所在しないのです。
人知れずひっそりと葬儀告別式を考えていたのに高価で派手な祭壇や飾りを奨励されるケースは、葬儀社と考え方が、不向きです。
葬儀を支度する人は遺族の大代表、地域の会長や関係する派閥、職場の人など、詳しい方のアドバイスを照らし合わせて進めるのがいいと思います。
終活と言われるのはこれからの余生を『どういった具合に生きたいか』といったような願望を実施すること、生涯の終焉に向けてアグレッシブに準備することで、役立つ生きていく行動です。

この法事はお寺の準備や本位牌の支度など準備を事前にすることが多いので、(いつまでに何をやるのか)きちんと現状把握しておく必要があると思います。
居宅で内輪だけの法事をされる場合戒名でなく亡くなられた方の名称のほうが胸の中にしっくりくるとしたらそれでも結構なのでは、無いのではないかと思います。
そんなふうに肝心の人を離別された一家、と比べて、周りの、知人が、経済事情、サポート、を申し出る。
家族や兄弟への望みを知らせる手紙として、この上己のための考え要約帳面として、世代を問わずリラックスして綴ることが出来る、人生の中でも助けになるノートです。
火葬に従事する職業は古くから宗教者が人々の中に入り込み路肩に見捨てられた死体を集め、供養して火葬したことに始まり、お坊さんと呼ばれたのだろう。