亡くなった人を想いお見送りの席が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します…。

過去はご家族の人で執り行うことが普遍的だった通例だった遺品整理ですが、多端だったり、遺品整理する場所が遠離だったり、家族では行えないのが現実です。
過去には墓というと暗く悲しい概念があるといわれていますが、今どきは公園墓石等の明々な墓園が多数派です。
四十九日法要の時とは異なり時間がたっても残存するもので大丈夫だと思いますし住んでいる場所の風習等によっても、バラツキがあるもので、百貨店などでご相談されるのも仏具店などでご相談されるのも、良いのではないでしょうか。
亡くなった人を想いお見送りの席が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を隣にして財産を奪い合う醜い家族の醜態となりそこで故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を見送っているのは誰なのだろうか、ということを感じたのを記憶している。
一つの例として葬儀の式場一つに関しても大きなホテルのホールが良いという思惑もあれば、お寺の格式高い雰囲気の中で、お見送りを希望する家族もおられると思います。

重要な祭壇大勢の僧侶いっぱいの参列者を集めた葬儀だったとしても、シーンとした空気だけの葬儀も存在するし、大きな寺院に大きなお墓を建てようが、供養をする人が存在しないお墓もある。
何がしかのお葬式をするのであればやはりある程度にプラスされますが、色んな算段で、100万円くらいざっくりと、セーブが可能です。
家族葬には目に見えた概念はなく家族を重点的に、親しい方など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と良いご縁の人が集結して見送るほんの少しのお葬式を言うことが多い感じです。
実際に来た人を何名ほどかに声をかけていくらくらいのクラスのお葬式をすることを選択したり、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の思いなどを考慮して、どのような形の葬儀式を行うかを決定します。
今頃はお通夜・告別式を施行しない直で火葬場でご遺体を納骨を実践する『直葬』を執行する親族が増加しています。

奥さんの御両親は臨済宗でそのお位牌を保管するのですが、己の居住地一角には浄土宗の寺院が存在しないのです。
お通夜や葬儀をなめらかに行うためにはご家族と葬儀社とのコミュニケーションも重要になりますので普通に思われることでも、ご相談して下さい。
自分が代表となるのは一族の葬儀主人の葬儀愛息の葬儀ぐらいのもので、母のお葬式も次男なので務めないし、娘のお葬式も先立つと喪主をすることがありません。
往生人の生前からの考えを受けて親族だけで葬式を終わらせたところお通夜から葬儀にかけてお別れできなかった人が、お参りに多くの方が何度も、きてくれます。
ご先祖に対しての供養ですので家族たちで遂行する事が、勝るものはないのですが、それぞれの事情で、する事が無理な時には、僧侶と相談をし、卒塔婆を立てる供養だけを、委任する事もあります。